ボードゲーム・簡単 〜ボブジテン〜

気軽に遊べるボードゲーム第二弾!!

今回紹介するのは『ボブジテン』です!

f:id:kobashu0609:20180615000650j:image

どんなゲームかというと、日本語大好きなボブが日本語だけを使った辞典を作っていくというもの(笑)

 

f:id:kobashu0609:20180615000827j:image
f:id:kobashu0609:20180615000821j:image

1〜6までカタカナ語が書かれているカードがあって、山札の一番上の数字の番号がお題になります(上の写真でいうと『ゾンビ』がお題です)。

出題者はそのお題をカタカナを使わずに周りの人に伝えていき、見事に当ててもらえたら当てた人と当ててもらった人両者に得点(カード1枚=1点となります)が入ります!

そして当てた人が今度は出題者となり・・・を繰り返していきます!

回答者は一つのお題につき1回の回答権があり、間違えたらそのラウンドは答えられません(>_<)

誰も答えを導き出せなかったらそのカードは流してもう一回別のカードを引いてチャレンジ!!

山札がなくなった時点で1番カードを持っている人が勝ちとなります♪

もし出題者がカタカナを使ってしまってそれを指摘したらその点数は指摘した人にいきます!

 

あとたまにトニーカードなるものがあります。

f:id:kobashu0609:20180615001513j:image

トニーは日本語があまり上手くないので、カタコト(『〜は』や『〜が』などの接続詞が使えません)で説明しなくてはいけません!!

 

多少得意不得意は分かれますが、楽しいゲームなので是非試してみて下さい!!

 

ちなみにボブジテンですが、現在(2018/6 現在)『その2』と『その3』まで出てるのでそちらも軽く紹介します!

f:id:kobashu0609:20180615002506j:image f:id:kobashu0609:20180615002515j:image

基本ルールは同じですが、『トニー』の代わりにそれぞれのキャラクター及びプレイとなります!

・その2

キャラクター : デイブ

日本語が全然出来ないので、お題をジェスチャーで伝えなくてはいけない!

f:id:kobashu0609:20180615003017j:image

・その3

キャラクター : ジョー

漢字の魅力に惹かれた漢字マニア(笑)

漢字のみを使って説明しなくてはいけない!

f:id:kobashu0609:20180615003139j:image

正直どちらも難しいので、両者をやった後にトニーをやると物凄く楽に感じます(笑)

 

慣れてきたら混ぜて遊ぶのがオススメですね!!

 

【ゲーム情報】

名前             : ボブジテン

ジャンル      : プレゼンテーション系

対応人数     : 3〜8人

価格            : ¥1,800(税別)

プレイ時間 : 〜30分

難易度         : ★(1点)

販売元         : TUKAPON